検索結果
テレメンタリー2018 津波はまた来る カラー化でよみがえるチリ地震津波の記憶 テレビ番組
番組ID

213592
放送ライブラリーの視聴ブースでは、番組IDを入力することで、簡単に番組を選べます。

放送日

2018.05.23

分数

26

ジャンル

ドキュメンタリー

放送局

東日本放送(KHB)

製作者

東日本放送(KHB)

制作社

東日本放送(KHB)

出演者

ナレーション:吉田羊

スタッフ

タイトル:村上大介、タイトル:前田力哉、MA:中村佳織、音響効果:片山由理、編集:門脇晃、ディレクター:佐藤久元、ディレクター:佐藤岳史、プロデューサー:藤井尚弘、制作:阿部佳弘

概要

1960年5月に発生したチリ地震津波の被害を伝える写真はほとんどがモノクロで、遠い昔のものとしか感じられない。しかし、その写真をカラー化すると、その光景は驚くほど東日本大震災と重なる。カラー化を手掛ける東京大学大学院の渡邉英徳教授は、AIで写真を自動的に色付けした後、自分の手で修正を加えている。渡邉教授は「白黒の写真だと凍り付いていた記憶が、カラー化されることでより身近に感じ、当時の気持ちや行動がよみがえる」と話し、“記憶の解凍”と呼ぶ。東北の沿岸には、100人以上の犠牲者を出した津波が、150年で13回も押し寄せている。明治三陸地震津波、昭和三陸地震津波、そしてチリ地震津波。人々の記憶が薄れたころに津波はやって来る。東日本大震災ではその教訓を生かすことができたのだろうか。58年前の写真をカラー化し、生存する当時の被災者に話を聞くことで、連綿と続く津波被害を伝え、いつか来る“次の津波”への警鐘を鳴らす。


検索一覧結果に戻る
  • 放送番組センター概要
  • FAQ
  • リンク
  • サイトマップ